【テニスの片手バックハンドの打ち方】一連の動作を9分割して解説

テクニック
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

テニスを始めたけど、いまいち片手バックハンドストロークの打ち方がわからない…片手バックハンドストロークはどうやって打てばいいか教えてほしい。
そんなお悩みにお答えします。
【本記事の内容】
  1. 【テニスの片手バックハンドの打ち方】一連の動作を9分割して解説
  2. 【初心者向け】片手バックハンドのテイクバックが間に合わないときの対処法
書いている人
リョウジ

・テニススクールの運営に10年携わる。
(テニスコーチ・ストリンガー・フロント・事務など幅広く経験。)

・草トーナメントは80大会以上出ている年もあるくらい好き。
(オープンでの優勝回数は13回。ほとんどシングルス。)

・「サーブ・フォアハンド・バックハンド」はかなり伸び悩んだ。
(通ったスクール数は多く、テニスで悩んでいる方の気持ちもわかります。)

リョウジをフォローする
わたしは過去、テニスコーチをしていました。

初心者の方が片手バックハンドストロークをどのように打てばいいか教えてきました。

片手バックハンドが苦手な経験者の方にも、一連の動作を再確認できる内容です。

スポンサーリンク

【テニスの片手バックハンドの打ち方】一連の動作を9分割して解説

【テニスの片手バックハンドの打ち方】一連の動作を9分割して解説

本記事では、片手バックハンドストロークの打ち方を解説しますが、下記の2つを理解している前提で進めています。

  • 片手バックハンドのグリップ
  • 基本となるスイング

グリップの握り方次第で、打点の位置・スイング軌道・身体の回転具合が変わってきます。

初心者の方におすすめしているのは、下記のバックハンドイースタングリップです。(テニススクールの初心者クラスでも教えられている握り方です。)

【テニスの片手バックハンドの打ち方】一連の動作を9分割して解説

⬆︎右手のひらの斜めのラインを①のグリップ面に合わせる

【テニスの片手バックハンドの打ち方】一連の動作を9分割して解説

基本となるスイングも、簡単なボールで練習しておくといいでしょう。

片手バックハンドの一連の動作は、分割すると下記のようになります。

  1. スプリットステップ
  2. グリップチェンジ+軸足を出す+ターン
  3. テイクバックしながら移動
  4. テイクバックが終了しスタンスを決める
  5. フォワードスイング
  6. インパクト
  7. フォロースルー
  8. フィニッシュ
  9. 次のポジションへ移動
本来「フォワードスイング〜フィニッシュ」までは、分割できない1つの動作(スイング)です。本記事では、それぞれのパートで何が起きているかを解説するために分けています。

記事の後半では、初心者向けの片手バックハンドの打ち方も解説しますが、まずは一般的な片手バックハンドの打ち方からどうぞ!

スプリットステップ

【テニスの片手バックハンドの打ち方】一連の動作を9分割して解説

まずは、他のショット(サーブ以外)でも行うスプリットステップからです。

時間があれば軽く足踏みをしながら待ち、相手がボールを打つときに両足を離して地面に着地するようにします。

スプリットステップを行うことで、次の一歩が素早く出るようになります。

スプリットステップと同時に相手の動作やボールを見て、どのショットを使うか、どこへ移動するか判断します。

グリップチェンジ+軸足を出す+ターン

【テニスの片手バックハンドの打ち方】一連の動作を9分割して解説

片手バックハンドストロークで打つと判断した場合、下記の3つを同時並行で行います。

  • 片手バックハンドの握りにチェンジ
  • 移動する方向に軸足を出す
  • 身体をターン

たいていの方はフォアハンドストロークのグリップからバックハンドストロークのグリップに握り替えます。

右利きの方であれば、片手バックハンドの軸足は左足です。(左利きであれば右足です。)

軸足を出しながら、骨盤より上を横向きにします。

ただし、前後の移動距離が長い場合はすぐに横向きにならなくてOKです。

大きく前進する場合は半身くらい、大きく後退する場合は背中を見せるくらい回したほうが動きやすいです。

骨盤より上を横向きにできるときは、軸足のつま先を左側に向けます。

【テニスの片手バックハンドの打ち方】一連の動作を9分割して解説

⬆︎軸足を後ろに引いたときの形

「グリップチェンジ+軸足を出す+ターン」が素早くできることが、片手バックハンド成功の秘訣でもあります。どこに移動するかで軸足を出す方向は違いますが、特に強化しておきたいのが「後ろに引く」動作です。軸足を後ろに引くと、素早く後ろに下がれます。

テイクバックしながら移動

【テニスの片手バックハンドの打ち方】一連の動作を9分割して解説

軸足を出しながら身体をターンしたら、ボールを打つために適切なポジションに移動します。

移動と同時にしなくてはならないのが「テイクバック」です。

「テイクバック」はラケットを後ろに引く動作です。

片手バックハンドストロークのテイクバックには下記の2つがありますが、どちらにしろ遠回りをせずまっすぐ引きます。

  • ラケットを下ろす
  • ラケットを立てる

適切なポジションに移動を済ませたときにはテイクバックを終了しておきたいです。

そのためには、テイクバックが終了するまでにかかる時間を逆算して、テイクバックを開始する必要があります。

できるかぎり早くテイクバックを開始したいですが、テイクバックが始まると移動に制限がかかります。移動距離が長いときは、テイクバックを開始するタイミングが難しくなります。

テイクバックが終了しスタンスを決める

【テニスの片手バックハンドの打ち方】一連の動作を9分割して解説

テイクバックが終了し、片手バックハンドを打つためのスタンスを決めます。

最初に、軸足となる左足(右利きの場合)でボールとの距離をとりながら決めます。

次に、右足を斜め前に踏み込んでクローズドスタンスをとります。

実戦では、オープンスタンスで返球するときもあります。

オープンスタンスをとるときは軸足の股関節を捻り、骨盤より上が横向きになるように気をつけてください。

フォワードスイング

【テニスの片手バックハンドの打ち方】一連の動作を9分割して解説

テイクバックが終了しスタンスを決めたら、「フォワードスイング」に入ります。

「フォワードスイング」は、軸足(右利きなら左足)の体重移動や蹴りをきっかけにスタートします。

ボールにトップスピンをかける場合は、ラケットヘッドを落としてから振り上げます。(ラケットダウンのことですね。)

ラケットを最初から低くテイクバックしている場合は、振り上げるだけでOKです。

インパクト

【テニスの片手バックハンドの打ち方】一連の動作を9分割して解説

スイングの途中で「インパクト」を迎えます。

インパクトの位置は、グリップの握り方や状況によって変わってきます。

グリップの握り方でベースとなる打点は変わってきますので、下記記事で確認してみてください。

打つ弾道にもよりますが、インパクトでラケット面は地面と垂直になります。

インパクトで、ラケット面が開いたりかぶってしまう場合は、打点の位置やテイクバックを見直しましょう。

フォロースルー

【テニスの片手バックハンドの打ち方】一連の動作を9分割して解説

インパクト後のスイングを「フォロースルー」といいます。

左手を後方に残すことで身体の回転は止まり、ラケットは鋭く振り抜かれます。

「フォロースルー」はボールを打った後の動作なので、ラケットに特別な操作を加える必要はありません。

フィニッシュ

【テニスの片手バックハンドの打ち方】一連の動作を9分割して解説

フォロースルーが終わりラケットのスイングが止まると「フィニッシュ」です。

ラケットは顔の右斜め前方で立ちます。

右脇が開き、右肘が伸びた状態です。

左手は地面に向けて残します。

打球面は、打った方向の右側を向きます。

「フィニッシュ」では右足に体重を乗せて身体のバランスを保つ場合が多いです。

横に走らされたり後ろに下がりながら打つときは、左足でバランスを保つ場合もあり、ケースバイケースです。

次のポジションへ移動

【テニスの片手バックハンドの打ち方】一連の動作を9分割して解説

⬆︎サイドステップで戻る場合

実戦では、「フィニッシュ」で終わりではありません。

「次のポジションへの移動」があります。

返ってくるボールに備えて、適切なポジションに移動しなくてはいけません。

次のポジションに移動するフットワークは、下記のとおりです。

  • 【少し横に戻りたい】
    →サイドステップ
  • 【大きく横に戻りたい】
    →クロスステップしてからサイドステップ
  • 【後ろに下がりたい】
    →バックステップ
    →斜め後ろならサイドステップ
  • 【ネットプレーに移りたい】
    →前進する
普段から次のポジションを意識して、グランドストロークの練習をしておく必要があります。サイドステップなどでリカバーしたり、アプローチからボレーしたりですね。
スポンサーリンク

【初心者向け】片手バックハンドのテイクバックが間に合わないときの対処法

【初心者向け】片手バックハンドのテイクバックが間に合わないときの対処法

片手バックハンドストロークのテイクバックが間に合わず振り遅れてしまう…どうしたらいいんだ?

初心者の方が片手バックハンドストロークの一連の動作に従って動いてもなかなかうまくいきません。

片手バックハンドストロークの一連の動作は、分割したとしてもそれぞれがかなり複雑です。

2つの動作を同時進行でやるから難しい

片手バックハンドストロークを打つとき、異なる2つの動作を同時進行でやらなくてはならず、それが初心者の方を苦しめています。

異なる2つの動作とは下記のことです。

  • ラケットワーク
  • フットワーク

例えば、片手バックハンドストロークを打つまでに、

  • ラケットをテイクバック
  • ボールとの距離を合わせる

を同時にやる必要があります。

ボールが打ちやすい場所に移動するだけでも大変なのに、タイミングよくテイクバックを完了させ、スイングする準備を整えなければいけません。

練習を重ねれば、身体がタイミングを覚え、自然とできるようになるでしょう。

しかし、それまでの間が大変です。

片手バックハンドストロークのテイクバックが間に合わないときの対処法が必要です。

軸足を出しながらテイクバックを済ませてしまおう

【初心者向け】片手バックハンドのテイクバックが間に合わないときの対処法

片手バックハンドストロークのテイクバックが間に合わないときの対処法は、「軸足を出しながらテイクバックを済ませてしまおう」です。

本来なら、「軸足を出しながらターン」して、テイクバックと移動が同時進行になります。

テイクバックさえ済ませてしまえば、その後のラケットワークはスイングだけになり、移動に集中できます。

ラケットをどのタイミングで引き始めればいいか、どのタイミングで引き終わればいいかは気にしなくて済みます。

初心者の方には、一般的な打ち方よりこちらの打ち方をおすすめします。

デメリットを上回るメリット

でも、すぐにテイクバックを済ますと、移動がしづらいし力も入ってしまう…

テイクバックを早く済ますと、移動に制限がかかります。(ラケットを引いたままだと、動きづらいですよね…)

特に、前へ長い距離を移動するときは遅くなります。

また、テイクバック完了の形で止まっている時間が長いため、力みやすいのも欠点です。

このようなデメリットがありますが、それを上回るメリットがあります。

軸足を出しながらテイクバックを済ます対処法から、下記の恩恵を受けることができます。

  • テイクバックを開始するタイミングが早くなる
  • リターンや相手の速いボールに強くなる

片手バックハンドストロークで振り遅れてしまう原因は、テイクバックを開始するタイミングが遅い場合が多いです。

スプリットステップ後、軸足を出しながらテイクバックを済ませるようにすれば、結果的にはテイクバックを開始するタイミングを早くする感覚を養えます。

また、軸足を出しながらテイクバックを済ませる対処法は、リターンや相手の速いボールを打ち返すときと同じ使い方です。

緊急事態の返球方法を覚えることで、普段打つ片手バックハンドストロークに余裕が出てきます。

そうしたら、テイクバックを済ませるタイミングを徐々に遅らせていけばOKです。

以上、一般的な片手バックハンドストロークの打ち方と初心者向けの片手バックハンドストロークの打ち方を解説しました。

片手バックハンドストロークがうまく打てないのであれば、9分割した動作のどこかに問題点が潜んでいます。

それぞれの動作をチェックすれば、改善点が見えてくるはずです。

タイトルとURLをコピーしました