【元コーチが解説】テニスのフォアハンドの手首はどうしたらいい?【わたしも悩みました】

テクニック
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

テニスのフォアハンドストロークを打つとき、手首をどうしたらいいかわからない…そもそも手首は使うの?使わないの?
そんな疑問にお答えします。
【本記事の内容】
  1. 【元コーチが解説】テニスのフォアハンドの手首はどうしたらいい?【わたしも悩みました】
  2. テニスのフォアハンドは「手首・肘・スイング」をセットで考える
書いている人
リョウジ

・テニススクールの運営に10年携わる。
(テニスコーチ・ストリンガー・フロント・事務など幅広く経験。)

・草トーナメントは80大会以上出ている年もあるくらい好き。
(オープンでの優勝回数は13回。ほとんどシングルス。)

・「サーブ・フォアハンド・バックハンド」はかなり伸び悩んだ。
(通ったスクール数は多く、テニスで悩んでいる方の気持ちもわかります。)

リョウジをフォローする
わたしは過去、テニスコーチをしていました。

フォアハンドストロークの手首については、レッスンで細かく話さず、最低限に留めていました。

あまり手首に意識を向けてほしくなかったからです。(もちろん、必要な方には手首についてアドバイスします。)

わたし自身、学生のころに手首をめちゃくちゃ気にしていた記憶があります。

わたし自身の経験も踏まえて、フォアハンドの手首についてどうしたらいいか解説していきます。

スポンサーリンク

【元コーチが解説】テニスのフォアハンドの手首はどうしたらいい?【わたしも悩みました】

【元コーチが解説】テニスのフォアハンドの手首はどうしたらいい?【わたしも悩みました】

わたし自身、フォアハンドストロークがしっくりこない間、手首をどうしたらいいかいろいろ悩みました。

今は、フォアハンドストロークの手首について悩むことはありません。

過去のわたしも感じた、手首のさまざまな疑問に1つ1つ答えていきます。

手首は使ったほうがいいの?使わないほうがいいの?

フォアハンドを打つとき、手首は使ったほうがいいの?使わないほうがいいの?

意識としては、手首を使いません。

手首を意識的に使っていたら、相手の速いボールを狙ったところに返球できません。

しかし、実際には少なからず手首を使っています。

ラケットには重みがあり、スイングしたときヘッドが多少遅れて出てきます。

その結果、スイングした方向に対して手首が動かされます。

フラットで叩けば、ラケットが後ろから前に行きやすいように手首が動かされます。

トップスピンをかければ、ラケットヘッドが下から上に行きやすいよう手首が動かされます。

ただ、フォアハンドストロークでは手首を意識的に使わないと覚えておきましょう。

手首は固定したほうがいいの?固定しないほうがいいの?

フォアハンドを打つとき、手首は固定したほうがいいの?固定しないほうがいいの?

フォアハンドストロークを打つとき、手首は固定したほうがいいです。

手首を固定しなければ、テイクバックやスイングで手首が大きく動いてしまい、ボールをコントロールできません。

手首を固定するなら、どんな形で固定したらいいの?

インパクト時の手首の形で固定します。

インパクトでいつも同じ手首の形をとれていれば、フォアハンドストロークの再現性がかなり上がります。

手首はどこからどこまで固定したらいいの?

フォアハンドストロークで打つと決めてから、スイングが終わるまで手首を固定するつもりでいてください。

フォアハンドストロークを打つたびに、インパクトまでは手首を固定して、その後は固定しないとしていたら大変です。

最初から最後まで、手首を固定しておけば大丈夫です。

手首はどれくらい背屈したらいいの?

フォアハンドを打つとき、手首はどれくらい背屈したらいいの?
手関節の背屈とは、手の甲側に曲げることです。手の甲が前腕に近づきます。逆に、手のひら側に曲げることを掌屈といいます。

グリップの握り方で変わってきます。

フォアハンドストロークのトップスピンを打つ場合、グリップが薄いほど深く背屈します。

グリップが薄い場合、背屈が足りないとインパクトで打球面が開いてしまいます。(若干上を向く。)

そうなると、打ったボールは思わぬ方向に飛んでいってしまいます。

コンチネンタルグリップのフォアハンドストロークでイメージするとわかりやすいです。

もし、スライスやフラットを打つ場合なら、トップスピンを打つときほど深く背屈する必要はありません。特に、スライスはインパクトで打球面が開いていたほうが好都合です。

逆に、グリップが厚い場合、深く背屈してしまうとインパクトで打球面がふせられてしまいます。(若干下を向く。)

そうなると、打ったボールがなかなかネットを越えません。

ウエスタングリップのフォアハンドストロークでイメージするとわかりやすいです。

厚いグリップほど、手関節の背屈は浅くなります。

手首は意識したほうがいいの?意識しないほうがいいの?

フォアハンドを打つとき、手首は意識したほうがいいの?意識しないほうがいいの?

手首を意識したほうがいいかどうかは人によります。

手首が動いてしまい、スイング中にラケットが暴れてしまう人は、手首を意識したほうがいいでしょう。

手首をインパクトの形に維持したままフォアハンドストロークが打てるなら、特別意識する必要はありません。

手首はどれくらい脱力すればいいの?

フォアハンドを打つとき、手首はどれくらい脱力すればいいの?

手首は脱力しすぎても、力を入れすぎてもダメです。

フォアハンドストロークを打つとき、インパクトの手首の形を維持できるくらいの力加減は必要です。

それ以上手首に力を入れてしまうと、力みながら打つことになります。

インパクトの手首の形を維持できないくらい脱力してしまうと、フォアハンドストロークが不安定になります。

スポンサーリンク

テニスのフォアハンドは「手首・肘・スイング」をセットで考える

テニスのフォアハンドは「手首・肘・スイング」をセットで考える

フォアハンドを打つとき、手首がどうあるべきかわかった。でも、フォアハンドがうまく打てない…これは手首が原因?

フォアハンドストロークがうまく打てない理由は、人それぞれ違います。

それでも、「手首に何かしらの原因があるのでは?」と思ったら、この先を読んでみてください。

フォアハンドストロークの手首についてまとめておくとこんな感じです。

  • 手首は意識的に使わない
  • インパクト時の手首の形を維持する
  • 背屈具合はグリップの握りで異なる
  • 手首を意識するかどうかは人それぞれ
  • 手首は脱力しすぎても力みすぎてもダメ

上記を理解したうえで、フォアハンドストロークはどうすればうまく打てるのかを考えてみます。

手首だけで考えるのは得策ではない

結論からいうと、フォアハンドストローク全体の中で、手首だけを考えるのは得策ではありません。

手首は、フォアハンドストロークを打つ際に使う関節の1つでしかありません。

しかも、その中でも末端のほうの関節です。

手首だけをいくらいじっても、到底フォアハンドストロークが改善されるとは思えません。

わたし自身、過去に手首だけをいろいろ変えて試しましたが、フォアハンドストロークが改善されるほどいい方向に働いたことはありませんでした。

手首と肘はセットで考える

フォアハンドストロークは手首を単独で考えるのではなく、肘とセットで考えてみましょう。

インパクトで肘をどれくらい曲げるかで、手関節の背屈具合は変わるからです。

手関節の背屈はグリップの握りで異なると書きました。

そのときには触れませんでしたが、実際にはもっと複雑だということです。

薄いグリップと厚いグリップで、それぞれインパクトを考えてみます。

フォアハンドストロークのトップスピンを打つとき、ラケット面は地面と垂直でしたね。

薄いグリップは、イースタングリップを例に考えてみます。

イースタングリップの場合、インパクトでは下記のようになります。

  • 【肘を伸ばしていく】
    →インパクトは前方に
    →手首の背屈は深くなる
  • 【肘を曲げていく】
    →インパクトは後方に
    →手首の背屈は浅くなる
肘を伸ばし気味にして、ある程度手首を背屈するのがおすすめです。

厚いグリップは、ウエスタングリップを例に考えてみます。

ウエスタングリップの場合、インパクトでは下記のようになります。

  • 【肘を伸ばしていく】
    →インパクトは前方に
    →手首の背屈は浅くなる
  • 【肘を曲げていく】
    →インパクトは後方に
    →手首の背屈は深くなる
肘をある程度曲げて、手首を若干背屈するのがおすすめです。

肘を伸ばしていくとインパクトが前方、肘を曲げていくとインパクトが後方になっていくのは共通です。

ただし、グリップの握り方で、手首の背屈は逆転します。

ボールを打ちながら適正な手首と肘の曲がり具合を見つけよう

じゃあ、フォアハンドのインパクトでは手首と肘をそれぞれどれくらい曲げたらいいの?

ボールを打ちながら、適正な手首と肘の曲がり具合を探るしかありません。

グリップの握り方が違うだけで、適正な手首と肘の曲がり具合は異なります。

そして、最初から手首と肘の曲がり具合を決めておくのではなく、ボールを気持ちよく打てたときに手首と肘がそれぞれどれくらい曲がっていたかを確認する程度でいいかと思います。

手首と肘の曲がり具合を変に意識すると、フォアハンドストロークのスイングがぎこちなくなります。

手首と肘はスムーズなスイングを妨げないようにするべきです。

フォアハンドストロークがうまく打てない場合、軸足股関節の折り込み・深いショルダーターン・テイクバックの位置など、他にチェックする項目があります。

「手首・肘・スイング」はセットで考え、フォアハンドストローク全体に問題がないかにも目を向けてみましょう。

フォアハンドストロークの手首は、変な動きをしていなければ深く考えないほうがいいと思っています。

手首の背屈を意識しすぎると、力が入り痛めることもあります。

必要最低限の力で手首を固め、あとはリラックスして打ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました