テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

基礎知識
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ガットの張り代がもったいないし、ラケットをショップに持っていくのも面倒くさい。テニスのガット張りを自分でやる方法を知りたい。できれば簡単な方法で。
そんなお悩みにお答えします。
【本記事の内容】
  1. テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法
  2. 自分でテニスのガット張り|事前に知っておきたい疑問3つに答えます
書いている人
リョウジ

・テニススクールの運営に10年携わる。
(テニスコーチ・ストリンガー・フロント・事務など幅広く経験。)

・草トーナメントは80大会以上出ている年もあるくらい好き。
(オープンでの優勝回数は13回。ほとんどシングルス。)

・「サーブ・フォアハンド・バックハンド」はかなり伸び悩んだ。
(通ったスクール数は多く、テニスで悩んでいる方の気持ちもわかります。)

リョウジをフォローする

スポンサーリンク

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

本記事で紹介するガット張りのやり方は、

とりあえず簡単な方法で張れるようになりたい

方向けです。

要は、挫折しづらいガットの張り方です。

ガット張りを追求したい

もしくは

なるべくグロメットを傷めず、ガットが緩まない張り方を覚えたい

という方には向きません。

とりあえず、簡単な方法で張れるようになって、その後に少しずつガット張りを磨いていくという方向ならありです。

簡単な方法といっても、すぐに身につけられるわけではありません。

ガット張りには、練習が必要です。

最初のうちは、何度も失敗します。

テニスをすると頻繁にガット(ストリング)が切れる方だったら、練習できる機会はいっぱいあるでしょう。

もし、そうでなければ、覚えるまで時間がかかります。

でも、自分で張るホームストリンガーという案はいいですね。そのための手助けになればと思います。

本記事では、ガットの張り方を下記の順で解説していきます。

  1. ガット張りに必要な用具
  2. 縦糸(メインストリング)を張る
  3. 横糸(クロスストリング)を張る

ガット張りに必要な用具

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

上は、わたしがガット張りで使っている最低限の用具です。(あと、当て革代わりのグリップテープですね。)

用具の名前をクリックすると、説明が出ます。
スターティングクランプ(必須)

張り始めにストリングを仮止めするときに使います。

また、ノット(結び目)でストリングを引っ張るときにも使ったりします。(ペンチより引っ張りやすい!)

スターティングクランプは高価なものが多いです。

わたしは上の安価なスターティングクランプを使っていますが、今のところ問題なく使えています。

当て革(必須)

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

スターティングクランプでストリングを止めるとき、ラケットのフレームが傷つかないように挟みます。

当て革なんてないよ…

という方は、上の写真のようにグリップテープの切れ端やダンボールなどで代用しましょう。

オウル(必須)

先端が細いオールですね。

先が曲がっていないオールでもOK。

ストリングがうまく通らないときやホールに止めたいときに重宝します。

細くて使いづらいですが、ストリングの目なおしにも利用できます。

カーブプライヤーもしくはペンチ(必須)

上は、テニスのガット張り専用です。

普通のペンチで大丈夫です。

わたしは、100円ショップで購入した小さめのペンチを使っています。

ノット(結び目)を作るときに使用します。

ニッパー(必須)

上は、ミクロスーパーなどのガットでおなじみゴーセンのニッパーです。

こちらも、普通のニッパーで大丈夫です。

わたしは100円ショップの小型ニッパーを使っていますが、小さすぎて使いづらいです。

100円ショップでもいいので、通常サイズのニッパーを選びましょう。

セッティングオール(あると便利)

先が丸くて、太いオールですね。

横糸を張るときや最後に目なおしをするとき、使います。

先端が細いオールや指で目なおしすることもできますが、セッティングオールのほうがスムーズに目直しができます。

ストリングカッター(あると便利)
キモニー ストリングカッター KST339
キモニー(Kimony)
¥1,944(2024/04/23 06:46時点)
今までは300g以上のカッターが主流だったが、なんと100g以下!

ガットを張り替えるとき、楽に切ることができます。

わたしはニッパーで切っていますが、ストリングカッターのほうが楽に早く切ることができます。

縦糸(メインストリング)を張る

本記事では、ハイブリッドも張れる

2本張り

のやり方を説明します。

まずは、縦糸から下記の手順で張っていきます。

  1. ラケットをセットしてテンションを設定する
  2. ストリングを半分に切る
  3. 真ん中2本を通す
  4. スターティングクランプで仮止めする
  5. 左右を交互に張っていく
  6. 最後の1本はテンションを上げて張る
  7. ノット(結び)を作る

ラケットをセットしてテンションを設定する

まずは、ラケットをガット張り機(ストリングマシーン)にセットします。

グリップエンドのマークをひっくり返してセットすると、ノットでカットした部分が裏側になり表側がきれいに見えます。(下はヘッドのマークがひっくり返っています。)

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

ラケットをセットするときは、上下を合わせてから、サイドサポートを合わせていきます。

キツキツに閉めるのではなく、ラケットをゆすったときに少し動くくらいがいいです。

ガットを張っている最中にラケットは変形するので、ほんの少しだけ余裕を持たせておきます。

ラケットをセットしたら、希望のテンションに設定しておきましょう。

ストリングを半分に切る

2本張りで張るので、ストリングを半分に切ります。

丸まっているストリングを反対に回して解いていくと絡まりにくいです。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

丸まっていたストリングを解いたら、両端を持って同じ長さになるように揃えてから切ります。

斜めに切っておくと、ストリングをホールに差し込みやすいです。

半分に切ると、

ラケットの8.5本分くらい

の長さになります。

ロールでガットを購入している場合は、この長さを参考にしてください。ガット張りに慣れてから、長さを短くしたほうが安全です。

真ん中2本を通す

真ん中2本に、ストリングを通します。

上から通すか下から通すかは、ラケットによって違います。

下(スロート側)のグロメットを見ると、どちらで通すべきかわかりやすいです。

下(スロート側)のグロメットが6本なら、上(ヘッド側)から通します。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

下のグロメットが8本なら、下(スロート側)から通します。(1本ずらして上から通す場合もあります。)

左右同じ長さになるように通しましょう。

スターティングクランプで仮止めする

2本まとめて引っ張り、どちらか1本を仮止めします。

ガット張り機のクランプでスロート側を固定して、スターティングクランプでヘッド側を固定します。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

クランプは、ストリングを挟んでから下のレバーで固定します。

スターティングクランプでストリングを挟むときは、ラケットに傷がつかないように当て革を間に挟みます。(ラケットとスターティングクランプが直接当たらないようにします。)

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

仮止めが終わったら、もう片方のストリングを引っ張り、クランプで止めます。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

クランプをストリングから外すときは、下のレバーを緩めてから行います。

クランプでストリングを止めるときは、

ストリングを挟んでから下のレバーを固定する

でしたね。

引っ張っていたストリングを緩めるときは、クランプが動かないように指で抑えながら行うといいですね。

次に、仮止めしていたストリングを引っ張りたいところですが、隣のクランプが邪魔でできません。

仮止めしたストリングはそのままにして、次の1本を通して、同じように引っ張り、クランプで止めます。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

邪魔だったクランプが移動してくれました。

これで、中央の仮止めしていたストリングを引っ張れます。

スターティングクランプで仮止めしていたストリングをもう1度引っ張り直します。(中央2本を同時に引っ張っり、希望のテンションが出ていないため。)

スターティングクランプと当て革を外してから、クランプを外します。

そして、クランプを移動して固定します。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

そのまま次の1本を通して、ストリングを引っ張ります。

クランプを外して、引っ張っているストリングを固定します。

これで、中央の4本が張り終わりました。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

左右を交互に張っていく

この後は、左右のバランスをとるため、両サイドを交互に1本ずつ張っていくのが理想です。

ただ、左右交互に1本ずつ張り続けるのはちょっと面倒で時間もかかります。

なので、

右1本張る→右1本張る

それから

左1本張る→左1本張る

のように、左右を1往復ずつ張ってもOKです。

縦糸の終盤になると、横糸を通すホールがあるので、間違えて通さないようにしましょう。ストリング間の距離がおかしければ、気づくはずです!

最後の1本はテンションを上げて張る

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

縦糸の最後1本は、テンションを10%くらい上げて張ります。

例えば、45ポンドくらいで張っていたら、50ポンドくらいですね。

最後、ストリングをノットで止めるとき、緩んでしまうことを計算に入れてテンションを上げています。

ノット(結び)を作る

最後に、ストリングを結んで止めます。

結び(ノット)はいろいろな種類があるのですが、ここでは初心者が覚えやすい「エイトノット」を紹介します。

まず、フレームの内側に「TIE OFF MAINタイオフ メイン」と書いてあるホールにストリングを通します。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

縦糸の右側に上から下に通します。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

できた輪っかに向かって、下から上に通します。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

次に、輪っかの奥から手前に通します。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

後からできた輪っかのもう片方をカーブプライヤーやペンチで引っ張ります。(下の写真の指でつまんでいるストリングを引っ張ります。)

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

そのとき、奥に引っ張ってから手前に引っ張ります。(もう1回くらいやります。)

力を入れすぎると、ガットが切れてしまうことがあります。

力加減に気をつけましょう。

下のように、輪っかが1つなくなります。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

次に、残った輪っかが小さくなるようにストリングを引っ張ります。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

同じように、カーブプライヤーやペンチで奥に引っ張ってから手前に引っ張ります。(もう1回くらいやります。)

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

上の写真は、ペンチでストリングを奥に引っ張ってから手前に引っ張っているところです。

わかりやすいように、輪っかを大きめにしてノットを作りました。慣れてきたら、小さめの輪っかでノットを作りましょう。ストリングが緩みにくくなります。

わからない方は、下記の動画を参考にしてみてください。(「Wilson Pro knot」とありますが、エイトノットのことです。)

結び終わったら、余ったストリングを切ります。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

ストリングを切るときは、短くなりすぎないように気をつけましょう。

クランプをストリングから外すときは、

下のレバーを緩めてから

でしたね。

同じように、左側の縦糸もエイトノットで結びましょう。

これで縦糸が完成しました。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

ナチュラルガットを張る場合、エイトノットは緩んでしまうので、ダブルノットで結びましょう。

横糸(クロスストリング)を張る

次は、横糸(クロスストリング)を張ります。

横糸を通す前に、10%アップしたテンションを元に戻しておきましょう。

横糸は、下記の手順で張っていきます。

  1. ヘッド側に2本通す
  2. スターティングクランプで仮止めする
  3. 1本ずつ目直ししながら張っていく
  4. 最後の横糸1本はテンションを上げて張る
  5. スロート側の横糸を結んで止める
  6. ヘッド側の横糸1本をテンションを上げて張る
  7. ヘッド側の横糸を結んで止める
  8. 目なおしして目飛ばしがないか確認

ヘッド側に2本通す

縦糸と同じく、2本ガットを通します。

ただし、ヘッド側に2本です。

両手の人差し指でストリングの先を持って、縦糸の上と下を交互に通していきましょう。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

上の写真では、ストリングを左手の人差し指でしかおさえていませんが、右手の人差し指で上からおさえて、縦糸の上下に通していきます。

1番ヘッド側のストリングは最後に結びます。

結べるだけの長さが必要なので、

目線の高さくらい

を確保しておきましょう。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

横糸を縦糸の上下に通すとき、隣の横糸と上下が反対になるように通しましょう。

スターティングクランプで仮止めする

1番ヘッド側の横糸を仮止めします。

やり方は、縦糸のときと同じです。

2本まとめて引っ張って、1番ヘッド側の横糸をクランプとスターティングクランプで止めます。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

スターティングクランプを使うときは、ラケットとの間に当て革を挟みます。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

1本ずつ目なおししながら張っていく

仮止めが終わったら、横糸を1本ずつ張っていきます。

両手の人差し指でストリングの先を持って、縦糸の上と下を交互に通していきましょう。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

縦糸の上下を交互に通したら、上の写真のように「横糸を手前に引く」と「横糸を通す」を交互に行うと、ストリング同士の摩擦を分散することができます。

横糸を設定したテンションで引っ張ったら、セッティングオールなどで目なおしして、まっすぐにしてからクランプで止めます。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

次の1本は、隣の横糸と上下が逆になるように通します。

仮止めで固定していたクランプは外して、横糸を1本ずつ張るのに使って大丈夫です。スターティングクランプは、外さないようにしましょう。

1本ずつ通してから設定したテンションで引っ張っるより、1つ先まで通してから1つ前の横糸を引っ張っるほうがスムーズです。

横糸を縦糸の上下に通すのが楽になりますので、慣れてきたらチャレンジしてみてください!

横糸を張りながら、ときどき目飛ばしをしていないか確認しましょう。張り間違いに早く気づけば、張り直しが少なくて済みます。

最後の横糸1本はテンションを上げて張る

最後の1本は、ストリングを結ぶとき緩むのを計算に入れて、テンションを10%くらい上げて張ります。(縦糸を張ったときの最後の1本と同じです。)

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

スロート側の横糸を結んで止める

余ったストリングが長すぎると結びづらいので、目の高さくらいで切りましょう。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

フレームの内側に「TIE OFF CROSSタイオフ クロス」と書いてあるホールにストリングを通します。

縦糸と同じように、エイトノットでストリングを結んで止めましょう。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

ストリングを結んでニッパーで切ったら、2つのクランプを下のレバーから上の順に外していきます。

ヘッド側の横糸1本をテンションを上げて張る

スターティングクランプで仮止めしていたヘッド側の1本を、テンションを10%くらい上げたまま、もう1度引っ張り直します。

スターティングクランプと当て革を外してから、クランプで固定します。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

ヘッド側の横糸を結んで止める

フレームの内側に「TIE OFF CROSSタイオフ クロス」と書いてあるホールに横糸を通します。

ヘッド側の横糸を、エイトノットで結んで止めます。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

結んでニッパーで切ったら、クランプを下のレバーから上の順に外します。

目なおしして目飛ばしがないか確認

最後に、縦糸と横糸を目なおしして整えます。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

こまめに目なおししていたら、それほど修正はないはずです。

張り間違い(目飛ばし)していないかも確認しておきましょう。

ガット張り機からラケットを取り外したら完成です。

テニスのガット張りのやり方|元ストリンガーが教える1番簡単な方法

初めてガット張りをするときは難しく感じると思います。

でも、下記に気をつけながら何回か張れば、慣れてくるはずです。

  • 縦糸と横糸の仮止めの仕方
  • 縦糸と横糸の両端はテンションを上げる
  • ノットの作り方
  • 横糸を上下間違えずに通す
スポンサーリンク

自分でテニスのガット張り|事前に知っておきたい疑問3つに答えます

自分でテニスのガット張り|事前に知っておきたい疑問3つに答えます

本記事の後半では、ガット張りで多い3つの疑問にお答えします。

  • ガット張り機(ストリングマシーン)はどのタイプがいい?
  • 1本張りと2本張りの違いは?
  • ノットはどうしたらいい?

ガット張り機(ストリングマシーン)はどのタイプがいい?

自宅でガット張りをしたいけど、ガット張り機はどのタイプを買えばいいかな?

ガット張り機(ストリングマシーン)には、下記の3種類があります。

  • 電動式
  • クランク式(バネ式)
  • 分銅式

わたしは3つとも経験していますが、ストレスなくガット張りをしたいなら、

電動式

がおすすめです。

電動式の価格は高いですが、ストリングを引っ張る作業が楽ですし、時間も短縮できます。

1番安い分銅式はどうかな?

分銅式のいいところは、

安く購入できること

故障が少なく長く使える

ところですね。

ただ、かなり面倒で張るのに時間がかかります。

ストリングを引っ張るときもクセがあります。(ナイロンとポリエステルで伸び方が全然違うので、希望のテンションを出すのにコツがいります。)

ガット張りのハードルを上げてしまう可能性大です。

現在、わたしは20年以上前に購入した分銅式を使っていますが、なかなかストリングを張る気になれません。

テニススクールでガット張りの仕事をしていたので、なんとか使えてる感じです。

長い目で見たら、高くても電動式がおすすめ!ガット張りの労力を減らし、かかる時間も短縮してくれます!

1本張りと2本張りの違いは?

1本張りと2本張りの違いは?

1本張りは、縦糸と横糸を1本で張る方法です。

ノットが2つで済み、ガットが緩みにくいメリットがあります。

わたしも生徒さんのラケットを張るときは、要望がないかぎり1本張りでした。(スクールが「ゴーセン張り」という張り方で統一していたため。)

本記事で解説した2本張りは、ノットが4つあるため、1本張りと比べるとガットが緩みやすいです。

ただ、ストリングを2本に分けるため、1本張りよりラケットのホールに通す長さが短くなり、楽に張れます。

どちらか1つを覚えるなら、ハイブリッドにも対応していて、ホールにストリングを通すのが楽な2本張りがおすすめです!

ノットはどうしたらいい?

ノットはどうしたらいい?

ノットのやり方はいくつかありますが、下記の順番に覚えるのがおすすめです。

【ステップ1】
エイトノットをマスターする
【ステップ2 】
ダブルノットをマスターする

「エイトノット」は1番覚えやすいですが、下記のデメリットがあります。

  • ガットが緩みやすい
  • グロメットが痛みやすい
  • ナチュラルガットが張れない

ただ、エイトノットができるようになれば、ダブルノットも覚えやすくなります。

エイトノットに、一手間加えればダブルノットになるからです。(とはいえ、最初は2重にするところがきれいにいかないかも。)

ダブルノットは、縦糸にしっかり絡み、グロメットへの負担も少ない結び方。

わたしも、生徒さんのラケットを張るときはダブルノットを使用していました。

ナチュラルガットを自分で張ってみたい方は、ダブルノットをマスターしてから挑戦しましょう。

ナチュラルは、ガットが捻れないように張る必要があるので、かなり難しいです!

ダブルノットがわかりやすい動画はこちら⬇︎

以上、テニスのガット張りについてでした。

本記事が、最初の1歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。

ガット張りを覚えるには、数をこなすことが必須です。

あとは、張りながら知識を深めたり、さらなるテクニックを身につけていけばよいかと思います。

タイトルとURLをコピーしました